神奈川県横浜市泉区(株)横浜モザイク工業の建物リフォーム・外壁リフォーム、石・ブロック工事、タイル煉瓦(レンガ)工事、外構工事

タイル・煉瓦(レンガ)施工でいつまでも美しく

タイル・煉瓦(レンガ)
キッチン、浴室、その他内装の床や壁、外壁など、床や壁の仕上げにタイルを貼る工事を承っております。
タイルは対候性・防火性・防水性に優れ「焼きもの」ならではの風合い、色彩、質感、装飾性等の多くの美点を兼ね備えており、建築仕上げ材としては最高の仕上がりを演出いたします。
タイル・煉瓦(レンガ)

圧着工法

圧着張りは、下地面にあらかじめ張付けモルタルを塗り付けておき、そこにタイルを押しつけて張る工法です。白華防止と作業能率向上を目的として考えられた工法で、現在でも比較的多く行われています。タイルの張付けの際に、木づちやハンマーの柄、たたき板を用いてたたき込むなど入念に施工すれば、効率も良く、接着力、白華防止効果ともに良好です。ただし、張付けモルタルは下地側に塗られるため、オープンタイム(※)の影響を受けやすく、塗り置き時間を長くとりすぎると接着力が急激に低下する点に注意しなければなりません。
※「オープンタイム」
本来は、モルタルや接着剤を塗り付けてからどれだけ時間を置けば最高の接着強度が得られるかという時間を示すものですが、タイル工事に於いては、張付け材料を下地に塗ってから、タイルを張るまでの時間、すなわち「塗り置き時間」を表す。オープンタイムが長くなるとタイルの接着強さは急激に低下します。

改良圧着工法

圧着張りの張付けモルタルがオープンタイムの影響を受けやすく、接着不良につながる点を改良した工法です。下地をつくり、張付けモルタルを下地側に塗り付けるまでは同じであるが、さらにタイル側にも張付けモルタルを塗り付けながら壁面に押しつけて行くところが特長です。タイル裏面にもモルタルを塗るため、下地側のモルタルがある程度硬くなっていても、タイルとモルタルのなじみが良いです。圧着張りと改良積上げ張りの両方の長所を生かした、きわめて安全性の高い工法となっています。

密着張り工法

国土交通省の「建築工事共通仕様書」の昭和56年版から採用された最新工法が、この密着張りです。あらかじめ調整した下地に張付けモルタルを塗り、タイルを押しつけたうえから専用の衝撃工具でタイル面に衝撃を加えながら張付けます。これによって張付けモルタルがやわらかくなり、タイルはこの中にもみ込まれるため、バラつきの少ない、十分な接着力が得られます。さらに、目地部分に盛り上がってくるモルタルを目地ごてで押えて、目地も同時に仕上げます。タイルは張付けモルタルと目地によって抱きかかえられる状態となるため剥離の心配がきわめて少ないです。

型枠先付け工法

この工法は、建築現場でタイルまたはタイルユニットを型枠に前もって固定し、コンクリート打設と同時にタイルを張上げる工法で、タイルシート法と目地ます法、棧木法があります。その中でタイルシート法をご紹介します。

■タイルシート工法

多数個のタイルを紙または樹脂フィルムなどで連結裏打ちし、所定の目地幅と目地深さ得られるように加工したタイルユニットを現場で型枠に取り付けます。ここにコンクリートを打設し、型枠除去後、ユニットを構成する副資材を引き剥がすと、躯体にタイルが打ち込まれた状態で残るという工法です。

PC板先付け工法

PC板工場で、PC板製造の際に、型枠ベッドにタイルを敷き並べておいてから、コンクリートを流し込み、タイルの張上ったPC板を作る工法で、最近では高層ビルにこの工法が採用されることが多く、タイルシート法とタイル単体法があります。

■タイルシート工法

主として二丁掛以下、とくに50角、50角2丁程度のモザイクタイルに適用されます。紙または樹脂フィルムなどで、ユニット化されたタイルを、型枠ベッドに両面テープ、糊などで固定し、コンクリート打ちする方法です。
目地形成とタイル表面へのセメント流出を防止する目的であらかじめ目地加工を施したシートを使用する場合と、仮目地材(発泡スチロールなど)を充填する場合とがあります。

■タイル単体法

型枠ベッドに、木、硬質ゴム、発泡プラスチックなどの目地棧または目地ますを取付け、これに合わせながらタイルを1枚ずつ配列する方法で、主に小口平以上の大きさに適用します。
この工法の中には、タイルを配列しながら同時に目地棧を設置して行く「置目地法」と、硬質ゴムまたは発泡スチロール製の目地ますを配列固定し、これにタイルをはめ込んで行く「目地ます法」とがあります。

工事予定地の調査から見積まで一切無料!

ご依頼をいただいてから、工事予定地の調査にお伺いいたします。現地状況をお客様と確認し、工事内容(提案図面)と見積金額を提示させていただきます。現地調査から見積の提案までは、お客様には費用を一切いただきませんのでご安心ください。
※工事予定地の調査ではお客様と現場を確認しながらご要望等をお伺いしますので、空いているお時間などをお知らせください。

工事完成後の充実したアフターフォローで安心!

引渡し(完成)後にお客様宅を巡回・訪問いたしております。もしも工事の不備等がありましたら適切に対応させて頂きます。
電話045-802-6666
問合せ・資料請求
営業日のご案内
東京海上日動火災保険株式会社
株式会社損害保険ジャパン
契約から完成まで

神奈川県横浜市泉区(株)横浜モザイク工業
〒245-0021
神奈川県横浜市泉区
下和泉1丁目1-32
営業時間9:00~19:00
日曜日・祝日休業
TEL 045-802-6666
FAX 045-802-6420
一般社団法人日本タイル煉瓦工事工業会
太平洋マテリアル株式会社
株式会社LIXIL
株式会社Danto